小児歯科

小児歯科

お子さんの気持ちに寄り添った治療を…

お子さんがはじめてのところが怖いのは当たり前です。
しかも、知らない人や見たこともない機械、おまけにキュイーンと変な音もします。
もしかすると、痛い思いや怖い思いをしたことがあるかもしれません。

すみや歯科クリニックでは、歯医者さんを怖い…と感じるお子さんの気持ちに寄り添って、いきなり治療をはじめるのではなく、慣れてもらうことからはじめます。
決して無理強いはしません。
場合によっては、診察台でなくキッズコーナーや待合室で、お口のチェックや簡単な治療をしてしまうこともあります。
きちんとした治療は、お子さんの気持ちが整ってから。もちろんやさしく、できるだけ痛くないように治療をしていきます。

お子さんのためのむし歯予防

すみや歯科クリニックでは、お子さんの健康な歯を守るために、「予防治療」の考え方を積極的に取り入れ、フッ素やシーラントなどのむし歯予防ケア、早期発見早期治療ができるようにむし歯や歯ならびのチェックを行います。

  • フッ素塗布

    生えたての歯には、特に効果的なフッ素塗布。歯科医院専用の高濃度フッ素を塗布します。

  • シーラント

    むし歯になりやすい、生えたての奥歯の永久歯に、歯科用プラスチックで溝を埋めます。

  • 歯みがき指導

    自分でできる子は、自分で上手に磨くためのコツを指導します。その他、おうちの方には、まだ自分で磨けない子へのみがき方や、できる子への仕上げ磨きのコツをお伝えします。

  • 唾液検査・細菌検査
    (希望者のみ)

    むし歯の原因をより正確に調べるために、唾液の質や量の検査や、お口の中にどのくらいのむし歯菌がいるかの検査を行います。検査のあとは、結果に応じた適切な予防方法をお伝えします。

マタニティ歯科

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中に、むし歯菌はいません。

お子さんがむし歯になってしまう主な原因は、身近な大人からの感染です。
特に一番身近なお母さんから、感染してしまうケースがもっとも多いです。

出産後はなかなか通院する時間を取れないことが多いので、 生まれてくる赤ちゃんのためにも、ぜひ、妊娠中に歯のケアをしましょう。

妊娠中の治療は、安定期がベストです。

豊田市では、妊産婦歯科健康診査を行っています。母子手帳と同時に配布される受診票を使うと、無料で健診を受けることができます。

妊娠中に、むし歯や歯周病の治療、お口のクリーニングを行うのに適しているのは、妊娠中期(安定期)です。
妊娠後期でも構いませんが、お腹が大きくなり、チェアに横たわっているのがつらく感じる方もいらっしゃいます。
また、出産後は赤ちゃんのお世話で、自分のことは後回しになりがちです。

安定期に入ったら、ぜひ無料の受診票を使って、痛みなどがなかったとしても一度、お口の中をチェックしましょう。

妊娠初期
4ヶ月まで
(15週まで)
妊娠初期は、胎児に影響が出やすい時期のため、特に慎重に治療にあたります。また、つわりでつらいのもこの時期です。無理をしないようにしましょう。歯の痛みや歯ぐきの腫れなどの症状があれば、応急処置を行いますが、きちんとした治療は安定期に入ってから行います。
妊娠中期
5ヶ月〜7ヶ月
(16〜27週)
妊娠中期に入ると、安定期に入ります。治療の際に麻酔が必要になったとしても、局所麻酔を使いますので、胎児に影響はありません。当院ではレントゲン撮影や投薬も可能です。
母体と胎児のことを考えると、この時期の治療がベストです。
妊娠後期
8ヶ月以降
(28週以降)
妊娠後期になると、早産の危険などを避けるために応急的な処置にとどめます。また、お腹が大きくなって、仰向けで治療を受けるのも大変ですので、妊娠初期同様、応急処置が中心になります。

PAGETOP