院内感染防止対策

院内感染防止対策

世界基準の衛生設備で、徹底した院内感染予防

外科的処置が含まれる歯科医療では、危険なウイルスの感染予防が欠かせません。
そのため、歯科医師を含めたスタッフ全員が、来院される方全てを対象として、「自分の家族を安心して連れてこられる」ことを基準として、徹底した衛生管理に取り組んでいます。

※別途料金はかかりません。

世界最高基準 クラスB滅菌器

治療に使用する器具の内部にまで付着した最近やウイルスは、洗浄・消毒するだけでは、完全に取り除くことはできません。

「清潔」にはさまざまなレベルがあります。菌を減らす「除菌」、一部の菌などを死滅させる「殺菌」、ウイルスを含む全ての生物を死滅させる「滅菌」。

当院では、使用器具の「滅菌」にこだわり、患者さんのお口に入る器具をより安心・安全に使用するため、世界最高基準 クラスBの滅菌器を導入しています。

世界最高基準のクラスBとは?

あらゆる菌を死滅させる「滅菌」の中でも、レベルによってクラスが分けられます。クラスBは、世界でもっとも厳しいとされるヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格の滅菌システムです。

日本の歯科医院で一般的に使用されているオートクレーブは、クラスNです。

クラスBの滅菌器を使用することで、 複雑な歯科用機材の内部や、歯を削るタービンやコントラの滅菌、滅菌パックに入った機器の滅菌まで確実に行っています。

歯を削るための機械専用滅菌器
DACユニバーサル

歯を削るタービンやコントラ(ハンドピース)を迅速に滅菌し、効率的に器具を利用できる高圧蒸気滅菌器です。
専用機器だからこその構造・形状で、今まで不可能だった機械内部までを厳密に洗浄・滅菌できます。

診療空間を常にクリーンに保つ
口腔外バキューム

歯を削るときなどに飛び散る、目に見えないほど細かな粉塵や水滴を、患者さんが吸い込んだり、患者さんの顔にかかったりしないよう、すばやく強力に吸引します。すべての診療チェアに備え付けてありますので、安心して治療を受けていただけます。

  • 使用ごとに治療器具を完全に滅菌・消毒

    使用ごとに治療器具を完全に滅菌・消毒

    滅菌パックから出した基本セットは、使用の有無にかかわらず、洗浄・滅菌しています。

  • 治療器具は無菌状態で保管

    治療器具は
    無菌状態で保管

    無菌状態にした器具は、滅菌紙や滅菌パックに入れ、診療で使用する直前に開封します。

  • 安心・安全使い捨て器具の利用

    安心・安全のために…
    使い捨て器具の利用

    注射針や紙コップ、エプロン、手袋などは、使い回しによる感染を防ぐため、すべてディスポーザブル(使い捨て)です。

  • スタッフ全員の衛生意識の向上・管理

    スタッフ全員の
    衛生意識の向上

    医療人として、衛生管理に対するスタッフの意識向上に努めています。

厚生労働省から、「診療環境が整っている」と認定されました

当院は、厚生労働大臣の定める施設基準を満たす施設として、複数の基準において認定されています。

「歯科外来診療環境体制加算施設」

清潔な環境、院内感染防止対策、救急時の安全対策、安全管理などについて、国の定める基準を満たし、安心、安全な診療環境を整備している事に対する国の評価です。

「歯科治療総合医療管理加算施設」「在宅患者歯科治療総合医療管理加算施設」

高血圧性疾患、虚血性心疾患、不整脈、心不全または脳血管疾患など、歯科治療時にリスクのある患者さんの治療に対して、充分な装置・器具があり、緊急時に円滑な対応ができるよう、医療機関との連携体制が整備されている施設であることの証明です。

PAGETOP