クリニック案内

  1. すみや歯科クリニック
  2. クリニック案内

当院の特徴

補綴(ほてつ)の専門家が、長持ちする被せ物、しっかり噛める入れ歯をご提案

「補綴」とは被せ物や入れ歯など、いわゆる最終的にかみ合わせを作る分野のことです。
補綴を自分の専門に選んだのは、患者さんの感覚に一番近い部分だからです。

口の中は敏感で、数ミクロンの違いを感じ取ります。
微妙なかみ合わせのズレが、ずっと違和感として残ったり、身体に影響したりすることがあります。

一般的な治療がしっかりできることは当然です。
その上で、どのような材料でどのようなかみ合わせがこの患者さまに最適なのか、その判断力と技術を養うために補綴という専門分野を選択しました。

今まで治療をしてきて、歯科医冥利に尽きると感じる瞬間は、入れ歯で苦労されている方が、痛みなく食べられるようになったときの表情を見るときです。
どんな仕事でもそうですが、最後に「ありがとう」と言っていただけることは、何よりもありがたいことだと思います。

大学病院で培った治療技術や知識を還元します

大学病院の歯科には、地域の歯科医院では対応が難しい症例の患者さまが紹介されてきます。
そこで8年間、知識と技術を磨いてきました。

研修医指導歯科医の資格なども取得いたしましたが、大学病院で行っていた治療水準を豊田に持ち帰って地域に還元する、それが私の最大の目標であり、やるべきことだと思い、開院いたしました。

大学病院では、インプラントや顎関節症、私の研究テーマであった歯ぎしりなどの治療を担当していました。特にこれらの治療に関して、地域の患者さまがいきなり大きな病院に行くことがためらわれる場合に、気軽に相談できる近所の歯科医院でありたいと思っています。

患者さんとの対話を大切にします

「技術だけが、治療ではない」というのが、当院の持論です。

歯科医のセオリーに照らし合わせて完璧な治療がよいのではなく、患者さん自身の生活スタイルや希望にあった治療をすることが一番大切だと思っています。

だからこそ、患者さんとの対話を通して、患者さん自身がどうなりたいのか、何をもとめているかをきちんとお伺いすることを大切にしています。

むし歯にしない、歯周病を悪化させないための治療を大切にします

歯は一度削ると、もとに戻ることはありません。
補綴という、被せ物や入れ歯を専門にしていたからこそ、天然の歯の素晴らしさを知っています。

一番大切なことは、むし歯や歯周病で、自分の歯を失わないようにすること。
だからこそ、当院では、歯科医院での定期ケアを重視し、むし歯にしない、歯周病を悪化させないようにしていきます。

快適に受診していただくためのこだわり

  • わかりやすい説明

    わかりやすい
    説明

    診療台には40インチの大型モニタを設置。言葉や文字で伝えるだけでなく、「見てわかる」説明を心がけています。

  • カウンセリングルーム

    カウンセリング
    ルーム

    チェアの上だと緊張するし、周りに聞こえてしまうかも…。
    当院には個室でゆっくり相談できるスペースがあります。

  • 痛みの少ない
    治療

    予防を基本としている当院では、できるだけ削らない、抜かない、痛みの少ない治療をご提供します。

  • キッズスペース

    キッズ
    スペース

    お子さんが楽しく持てるスペースを用意。常に受付から確認できるので、おうちの方の治療中も安心です。

  • バリアフリー設計

    バリアフリー
    設計

    車椅子やベビーカー、ご年配の方も通院しやすいように、院内は段差なしで靴の脱ぎ履き不要のバリアフリー設計です。

PAGETOP